あやころの秘密の本棚

子宮を貸して13巻ネタバレ【「不妊」を通して幸せを考える】

あやころ
こんにちは、あやころです😃

今回は『子宮を貸して』13巻のあらすじネタバレです!

『子宮を貸して』13巻あらすじネタバレ

この漫画は子供に恵まれないヒロイン・円花が、子だくさんの妹・「代理母」になってほしいと頼むところからお話が始まります。

 

8年間もの不妊治療をしても成果がなかった円花は、医者から「妊娠は絶望的」とまで言われ、苦渋の選択として出した答えが、妹の子宮を借りることでした。

 

日本ではまだ認められていない「体外受精」による代理出産を行うのには莫大な費用がかかる、そこで代理母を頼むことにして白羽の矢を立てたのが、まだ若くたんさんの子どもを産んだ経験のある妹だったのです。

 

 

「代理母」が話のキーにもタイトルにもなっていますが、内容はドロドロした人間関係に軸足が置かれています。

 

まるで昼ドラのようなドラマチックな展開が繰り広げられ、胸糞悪い流れも結構ありますが、ストーリーが面白いのでぐいぐい惹き込まれてしまいます👀

 

 

お金があっても、子供ができない不幸。

 

子供はたくさんいるけど、お金がない苦難。

 

不倫に走る夫。

 

裏表の激しい友人たち。

 

いろんな不幸や苦難があって、「幸せ」とは何かとても考えさせられます🤔

 

 

たくさん無料試し読みもできるので是非読んでみてください。

 

「不妊」という状況を通じて、人間のエゴや業についてたくさん考えさせられる作品です。

『子宮を貸して』をオトクに読む方法

『子宮を貸して』は「まんが王国」というコミックサイトで優先的に配信されていて、オトクに読むことができます。

まんが王国は「無料試し読み」ができるほか、登録すると半額クーポンがすぐにもらえます✨

まんが王国で半額クーポンGET

これを使うと、『子宮を貸して』が実質半額で読めちゃいますよ♪

 

『子宮を貸して』の試し読み&半額クーポンはコチラ

↓↓↓↓↓

>>>「まんが王国」

↑サイト内で「子宮を貸して」と検索すると出てきます。